つくること / Creation

I’ve been trying to figure out how I may be able to live in the way I feel least stressed.
Deadly quiet office was the last place I’ve been wanted to be, now I work as a full-time photographer combined with some part time jobs.
Working full time in photography so far would not make enough money to cover all my expense, but that alone isn’t the reason to work part time.

 今年の1月頃にどん底を見てから、どうにか、心身とも負担のかからない働き方を探していた
静寂のオフィスには居ても立ってもいられないたちの自分は、写真の仕事を軸に置きながらバイトもすることに決めた
生活を立てるにあたってお金が足りないのも一つ理由としてあったんだけど、それよりも、好奇心というか、ものを作ることへの興味が強かった

I work part time for two different businesses, both within 15min drive from my flat. Both create their unique products in small batch.
Both of them I’ve known before I started working for them, and I’ve always been looking for a way to help them running their business, either by making or selling products.

 バイトは2つ掛け持ちしていて、どちらも車で15分も掛からない場所にある どちらも小さな商品を少量生産しているところ
前職を辞める前から知っていたところで実は働いてみたいと思ってて、作る側でも、売る側でもいいから関わってみたかった

 

I’ve always been into knowing how things are made, me in elementary school broke at least a couple dozens of ball point pens for the sake of my curiosity.
I believe that we never learn to make things just by reading textbooks but more by actually trying to make stuff. We learn even by failing or breaking stuff. Today we genuinely lack in those “how not to do” experiences. 

幼い頃からものの作りに関心があって ボールペンやシャーペンは何十本も壊したし、チョロQも、ラジコンも、自転車もたくさん壊した
ものを作ることって、もちろん教科書や説明書から学べることもあるけれど、自分でトライして、エラーを経験することから学ぶことのほうがより立体的な知識として身につくと思うんだよね
どうやって最短距離で行くかは簡単に調べることができるけど、どうしたら失敗するかはみんななかなか教えてくれない